読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根裏の天気職人。

旅に出てみたり、うちの人形たちと戯れたり。

EF-S60mm F2.8 macroがやってきた

お迎えレポ 雑記 良(crobi e-line tori) 睦(SD17 坂本龍馬)

f:id:fantan74:20161206010249j:plain

Kiss X5を使っていたころからずっと欲しかったマクロレンズ。ちゃんとボーナスというものがいただけましたので、やっと購入しました。

 

f:id:fantan74:20161206010447j:plain

と言っても何を買おうかこの半年くらいずっと迷っていて。望遠マクロもお借りしたことがあったので、望遠にするか、単焦点にするか、広角ズームの範囲にするか悩みました。広角ズームはメインのSIGMA17-50mmにかぶりそうなので除外、望遠マクロも今回は除外しておこう、ということで、純正60mmとTAMRON SP90mmで悩むこと何か月。ただ、タムキューはAF非対応(高額のほうは対応しているんだけど予算外)なので、こちらに決めました。APS機なので、60mmのほうが使い勝手がいいというのも一つ。

f:id:fantan74:20161206010846j:plain

EF-S60mm F2.8 macro USM /F4.0 1/60秒 ISO1600

f:id:fantan74:20161206010939j:plain

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM /F4.0 1/60秒 ISO1600 50mm

違いが出るかなーと思ったけどそうでもなかった。撮ってる印象としては17-50のほうが明るいのかな…。大口径レンズってすごいね。重いけど(笑)

f:id:fantan74:20161206011050j:plain

そしてぼけぼけなのは久しぶりに出した望遠レンズ。手持ちで撮ってはいけないと学んだし、すごく離れなきゃならなかったので、これはドール撮るのにはちょっと不便だなと思いました…。焦点距離300mm、ISO6400という数値でした…。望遠はまた今度挑戦しよう。

f:id:fantan74:20161206011533j:plain

花を撮るのはホントに楽しくなりそうです。もともと花写真をたくさん撮りたくてカメラ持ってたわけで、そのためにも一本絶対欲しいっていいつつ後回しになってた。

f:id:fantan74:20161206011612j:plain

これだけ近づけると、アイが汚れてるのばれちゃうし、メイクのはげもばっつり写るね( ;∀;)そしてmacroって実際触るまでは接写できる=最短撮影距離が短いものだと思ってたけど、そうではなくて、ちょっと離れてもちゃんと等倍で撮影できる、っていうことだったのね、ってファインダー覗いて学んだ。

f:id:fantan74:20161206011916j:plain

暗いだけではよくわからないので、ちょっと野外撮影を。と言ってもベランダですが。

f:id:fantan74:20161206012101j:plain

放っておくとP撮影でF2.8固定になるのでAvモード。いつもはあまり考えないのでPで撮ることが多いですが。あ、スタジオは最近マニュアル設定してるよ!少しずつ勉強はしてる(笑)F3.5で固定してとりあえず撮影。

f:id:fantan74:20161206012314j:plain

マクロでポトレを撮るというのが結構あるらしいので、どう違うのかなーと思って撮ってたけど、あまりわからないねえ。60mmの世界自体が初めてに等しいから余計に。

f:id:fantan74:20161206012407j:plain

ちょっと離れなきゃいけないなーとか、単焦点だから自分が動かないとならないなーとかそのくらいしかわからなかった(笑)まだまだ勉強が必要のようです。

f:id:fantan74:20161206012501j:plain

ピントもまだまだ甘いなー。AFばかりでなくて今度はMFもためそ。でもいろいろ触った中でAFのピントはさすがにはやいなーと思いました。

f:id:fantan74:20161206012551j:plain

あ、でもレンズがやっぱり違うからか、撮れる色は少し違うなと思いました。今回は全く弄ってないんだけど、今までこういう感じで撮れてたっけ?と思うところもいろいろ。

f:id:fantan74:20161206012828j:plain

この子もメイク剥げが目立ってますが(笑)たぶんこのレンズがメインになることはそうないと思うのですが、うまーく使い分けて写真を撮れるようになりたいですね。ということで、なんのためにもならない人形者のレンズレビューでした。