読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根裏の天気職人。

旅に出てみたり、うちの人形たちと戯れたり。

ながの

旅ログ ひとりたび

f:id:fantan74:20170220014334j:plain

実は行ってました。今回は一人旅お散歩編。良の写真はまたあとでまとめ、ということで。

 f:id:fantan74:20170220014545j:plain

どこに行ったの?というやつですが、今回はこちらからスタート。旧松代駅。長野電鉄屋代線は数年前に廃線になったので、今は駅としては機能しておりません。そして、長野駅発のバスの時間を勘違いしていて、トイレに行っている間にバスを一本見送り、スタバでコーヒー飲みながら、店員のお兄さんと、どこ行くの?松代です。なんて会話しつつやってきました。

f:id:fantan74:20170220014612j:plainまずはこちらから。いつぶり松代城。もう3年くらい前な気がする。お祭りのときで、現当主を初めて生で見た日だったような。その時は家族旅行だったのですが、今回は一人です。

f:id:fantan74:20170220015014j:plain

石垣に雪!とちょっとはしゃぐ石垣馬鹿な私。え?城行ったらまず石垣かっこいい♡から始まりますし(笑)

f:id:fantan74:20170220015024j:plain

松代城は別名海津城

f:id:fantan74:20170220015037j:plain

裏はもっと白かった…!実はこの日、大寒波が来てて、全国的に雪、確か長野も朝まで雪が降っていたそうで、残ってました。道はきれいに雪かきされていて、雪が降った後とは思えないくらい普通で、関東民びっくりでしたけどねw

f:id:fantan74:20170220015552j:plain

アルプスはあまりきれいに見えなくてちょっと残念。でもこのくらい見えてたらこの時期はいいほうなのかな?よく考えたら冬の長野市内は初めてです。

f:id:fantan74:20170220015049j:plain

お堀もちょっと凍ってる。でも鴨?も泳いでたんだなー。

f:id:fantan74:20170220015110j:plain

今回は真田邸にも行ってきた。

f:id:fantan74:20170220015930j:plain

廊下をとことこと歩いていけば

f:id:fantan74:20170220015950j:plain

庭園。日本の冬の庭園はホントきれいです。座鑑式なので縁側に座って日向ぼっこしつつのんびり眺めてました。雪景色だったけど、日差しはあったかくて、ちょうどいい休憩。

f:id:fantan74:20170220020003j:plain

瓦の六文銭が何ともかわいい。こういうの好き。

f:id:fantan74:20170220020011j:plainでもって今回もこちらに。前回はおとんと二人で真田論議をしたような気もするけど、今日は一人でしたので、うんうんとうなずきながらてくてく。

f:id:fantan74:20170220020100j:plain

文武学校にもお邪魔してきました。弓道場。ここも六文銭。実はまだ使っているみたいです。

f:id:fantan74:20170220020110j:plain

そして佐久間象山公にご挨拶をして(かっこええ)

f:id:fantan74:20170220020129j:plain

つるし雛を見て、そういう季節だなーとか感慨深くなりつつ

f:id:fantan74:20170220020142j:plain

途中黄色の六文銭に??しつつ(三代目の藩主の奥様のお墓があります。彼女は宇和島伊達家出身。今の真田本家も宇和島伊達家から養子に来てるんだけど、前々から交流があったのねーとか思いつつ)

f:id:fantan74:20170220020216j:plain

もぐってきました。象山地下壕。

f:id:fantan74:20170220020234j:plain

佐久間象山の象山って山の名前だったのね、というのと、ここが歴史的にどういうところか知らないで入ってしまってちょっと後ろめたい…。ちゃんと後で調べました。ちなみに私のほかにはもう一組しかいなくて、よく考えたら結構怖いことしたかな?とか思っています。大丈夫、私は見えない人だし、ドール持ってたし(友人に、人形持っていたら寄ってこないよと言われたことがあるので)ちなみに受付で出身県を伝えて、ヘルメットをお借りしてもぐります。

f:id:fantan74:20170220020249j:plain

一番奥まで行ったらカメラが結露しました…wそのくらい中は暖かくて。ちょっとくやしい結露写真。

f:id:fantan74:20170220020311j:plain

そしてとことこと旧横田家を見てまわり

f:id:fantan74:20170220020316j:plain

お昼を食べつつ(実はこの時いろいろあって食事がとれていなかったので、貴重な一食)

f:id:fantan74:20170220020339j:plain

長国寺まで。お久しぶりです、信之兄ちゃん。

f:id:fantan74:20170220020357j:plain

一人かなーと思ったらもう一組、団体さんみたいな人数でいらっしゃってたので一緒に見学。そして今回は中を見てきました。もちろん撮影不可なのでありませんが、ちゃんと左側に小松姫、右側に信之殿でした。これは徳川家の養女のほうが位が高い、ということで小松姫が左側なんですよね。葵の御紋も見えました。あとは天井絵もすごくきれいに残っておりました。(というかここにきて、ようじょをょぅι゛ょと変換できてしまうIEに突っ込みを入れたい…)

f:id:fantan74:20170220020409j:plain

ちょっと思い悩むところもあったりして、今回は信之殿に会いに行こう!の松代旅だったので、勿論こちらにも手を合わせてきました。こちらではあまり言ってない気がしますが、私は真田は信之推しです。ベタな気もしますが、真田太平記読んでからずっとそうなのです。(幸村から浮気したやつ)

f:id:fantan74:20170220020415j:plain

幸村、大助の供養塔にもご挨拶。明治に建てられたのに、信之と向かい合わせで建ってるって不思議ですよね。いつか家人がここで、この場所はいつかこうやって建ててくれると思って開けておいたのではないかって言ってたの思い出します。この場所だけ江戸が終わるまでずっと空いていたということがね。真田さんちだからやりかねない。あ、ちなみに真田の御当主さんの戒名にはみんな漢数字の一が入るそうです。

と、このくらいの松代。ホントは信之が晩年過ごしたお寺に行って、鈴木右近の位牌にも手を合わせてこようと思ったんですが結構いい時間、そして場所も八幡原の方だったので今回はあきらめて次はこちら。

f:id:fantan74:20170220020436j:plain

牛にひかれて善光寺。こちらも御開帳以来なので約二年ぶり。いや、八幡原で良と二人で合戦ごっごと称して雪合戦で対抗してきてもよかったかな?とか思ったけど、雪の善光寺は珍しいと聞いたので明るいうちに。

f:id:fantan74:20170220020455j:plain

結構溶けている気もするんですが、でもまだまだ白いです。そして結構日が傾いてる(笑)

f:id:fantan74:20170220020510j:plain

やっぱりかっこええ。

f:id:fantan74:20170220020515j:plain善光寺は宗派関係なく受け入れてくれるっていう話で。そしてうちの実家を確認したら真言宗ではないかという話で(あまり気にしたことないんだけど)

f:id:fantan74:20170220020521j:plain

雪かきした雪で雪だるま。善光寺の傘かぶってるかわいい。

f:id:fantan74:20170220020543j:plain白く残っていたのを見てきてよかったなーと。厄除けのお守りもまた買いました(笑)

f:id:fantan74:20170220020536j:plain

なぜ善光寺に来たかっていうのも、信之に会いに行ったのと同じで、仕事が行き詰っててですね…。その前の一週間頑張っていたんですが、予定も狂いに狂い、次の仕事を先延ばしにされたり、ひとり取り残されたり、挙句未経験はいらない発言を耳にしてしまい、ちょっとねーと思っていたところで。休日も半泣きしながら過ごしてたから、景気づけに行ってきたんですが、帰ってきてぷっつんと切れて泣いてました(苦笑)

f:id:fantan74:20170220020609j:plain

でも雪の長野はとてもいいところだと思いますよ♡雪の季節の長野県は上田、松本、軽井沢、そして今回の長野市で4回目かなー。ふらっと行くにはちょうどいい距離だし、また行きたいものです。